痩せる 遺伝子

必要な栄養素や太りやすい食べ物、適した運動の種類が分かる!

ダイエットを効果的に行うために最近人気を集めているのは、肥満遺伝子を調べて、自分の肥満タイプを知り、計画的にダイエットを行う方法です。

 

 

肥満遺伝子を検査するといっても、難しいことはなくて、爪を使って調べます。

 

 

生活習慣が原因で肥満傾向にある人は、習慣を変えることで効率的にダイエットができます。

 

 

遺伝子レベルで肥満傾向にある人は、簡単なダイエットでは難しいので、根本的な対策が必要になるでしょう。

 

 

「DNA SLIM」株式会社ハーセリーズ・インターナショナルは世界初のダイエットプラン「DNA SLIM」(肥満遺伝子分析キット&ダイエットフード)の販売もしているので、自分にあったダイエット食を探すこともできます。

 

 

ダイエットをしているのに、なかなか効果が出ないという人は、アプローチの仕方に問題があるのかもしれません。

 

 

どうして太り気味なのか、どうすれば太ってしまいやすくなるのか、知っておくと体型管理や健康管理にも長く役立ちます。

 

 

太ってくると、無意識のうちにカロリーの高い食べ物を選びがち。いっぱい食べても満足いかないようになります。

 

 

そんな時は決まって、基礎代謝も落ちてしまい、太りやすくなっている傾向があります。

 

肥満タイプを検査して、最適な食事や運動方法などを提案!

検査対象のFTO遺伝子は、最新の分子遺伝学で、肥満との関係が明らかになっている遺伝子のひとつでもあります。

 

 

自分の体質を良く知ることで、ダイエットも効果的に進めることができるようになるわけです。

 

 

調べる遺伝子は、2種類のFTO遺伝子、ADRB3遺伝子、UCP1遺伝子、ADRB2遺伝子の5つ。

 

 

FTO遺伝子(rs9939609) (rs1558902)は高カロリー嗜好派の遺伝因子です。食べ物の志向がはっきりしています。

 

 

ADRB3遺伝子(β3アドレナリンレセプター)は、内脂肪の付きやすさがあらわれる遺伝子です。内臓肥満型の人は注目しておきましょう。

 

 

UCP1遺伝子(脱共役たんぱく質1)は皮下脂肪のつきやすさと関連する遺伝子です。

 

 

ADRB2遺伝子(β2アドレナリンレセプター)は筋肉のつきやすさを見る遺伝子です。

 

 

これらの結果を踏まえて、243パターンもあるダイエットプランから、自分に合ったものを紹介してもらえます。おすすめです。

 

>>DNA SLIM 公式サイトはこちらから<<



  

酵素サプリおすすめ!

快朝酵素 コスモスマートビークル ゼロクリーン
塗って流すだけの簡単ケアで美肌を実現してくれる除毛クリーム脱毛ローションです。
シートリップ エセントリック モレキュールズ bsコート
ひざ下脱毛を激安価格で行ってくれる両わき脱毛からVIOも揃っています。